忘年会での景品

忘年会では皆でゲームなどをして、景品がもらえる事もあります。向かっていく

景品代の勘定科目は何になるのでしょう。基本的には
勘定科目は福利厚生費です。

忘年会費用の一部とみなされるからです。ここでのポイントは、
景品が社員全員に当たる可能性があるかどうかです。

社内での個人の成績や地位などに関係なく、ほとんどの
社員全員が同じ基準で景品が受け取れるかが
大事になってきます。タイミング

しかし、景品が現金で支給されると変わってきます。

給与として処理されます。商品券、ギフト券なら福利厚生費です。
また、社会通念上、金額があまりにも高いものは
福利厚生費とみとめられません。

忘年会は部課等の単位で行われることもあるでしょう。
部課ごとにバラつきがあって社内行事といえないことがあります。

この場合は、会社が負担した費用の勘定科目は
給与または交際費等に該当します。

また、さらに言えば、忘年会の一次会のみが福利厚生費となります。
勘定科目を間違えずに正しく処理をしましょう。