忘年会での景品

忘年会では皆でゲームなどをして、景品がもらえる事もあります。向かっていく

景品代の勘定科目は何になるのでしょう。基本的には
勘定科目は福利厚生費です。

忘年会費用の一部とみなされるからです。ここでのポイントは、
景品が社員全員に当たる可能性があるかどうかです。

社内での個人の成績や地位などに関係なく、ほとんどの
社員全員が同じ基準で景品が受け取れるかが
大事になってきます。タイミング

しかし、景品が現金で支給されると変わってきます。

給与として処理されます。商品券、ギフト券なら福利厚生費です。
また、社会通念上、金額があまりにも高いものは
福利厚生費とみとめられません。

忘年会は部課等の単位で行われることもあるでしょう。
部課ごとにバラつきがあって社内行事といえないことがあります。

この場合は、会社が負担した費用の勘定科目は
給与または交際費等に該当します。

また、さらに言えば、忘年会の一次会のみが福利厚生費となります。
勘定科目を間違えずに正しく処理をしましょう。

二次会を景品チェキ

二次会の景品選びで、悩んだことがある方は多いはずです。
その楽しい二次会を思い出に変え、皆に喜ばれるのがチェキです。

チェキと言えば昔のイメージがあるかもしれませんが、
現在は軽量化されフィルム代も安くなっており
どこでも持ち歩けるお役立ちアイテムの一つで
プレゼントとして人気があります。喜ばれる

景品の値段としても高すぎず、安すぎず安定の景品の
値段と言えます。
ランキングありの景品であっても、チェキを一位にしても
問題ありません。

また、その一番の魅力は何といってもその場で
写真にできることです。

二次会の景品はその場で開けて喜び終わるというのが
流れですが、チェキでは開けた後に皆で写真を撮って
楽しむことができます。演出の仕方

その写真は撮る人により、雰囲気が変わってくるのも魅力的です。
写真もそこまで大きくなく、財布や手帳に入れて持ち運べるので、
写メと違い大切な気持ちが一段と表現できるので、持ち歩く方も
少なくありません。

世界に一枚だけの写真を二次会の場所で作る贅沢、
今までにない新しい楽しみ方だと思います。