ビンゴゲームの景品の種類

今では誰でも体験したことのある人が多いビンゴゲームでも
ありますが、人によっても景品によっても参加するのかを
決めたりすることが多いのです。

だからこそ、指示を出す人以外は内容なども
かくしていたりするのです。

少しでもみんなに伝わらないよう当日のことを考えて、
種類などを選んでいるのです。

一人に合わせてしまうのではなくて、誰でも参加をして
楽しめるような空間を作っているのです。

主に一次会でも二次会でもどっちかに置いて行うことが
多いのですが、どっちに開催されていても飽きずに
楽しめるような景品を考えていたり、種類を考えているのです。

ビンゴゲーム自体は大人数で行うからこそ
楽しめるものであったり、いい商品が当たることを願って
参加をしているのです。

ゲーム自体を行うことによって今まで話をしたことが
なかった人とでも仲良くなることもできたり、お互いの関係が
仕事上でやりずらい関係であっても良くなっていたりするので
ビンゴゲーム効果はあるのです。

楽しい二次会景品・忘年会景品

二次会の景品として、高額なものを準備される方は多くおられます。しかし、二次会に参加をしている人みんなに高額なものを準備してしまうと、いくら何でもとても大変なことになってしまいます。

高額なものは、ビンゴゲームで一位になった人などに限定をして、そのほかの人には低価格でいいので何か準備をすればいいのです。好学な二次会の景品は、どんなものがいいのかというと、家電が人気となっています。

ホームベーカリーなどはとても人気となっています。特に、女性に当たると喜ばれるものの一つです。朝パンを焼くことができますし、安いものではありません。

性能がいいものだと3万以上はするものなので、二次会の景品にはぴったりです。そのほかには、コーヒーメーカーも人気となっています。マグカップつきの高性能で最新のものがおすすめです。

マグカップ付きであれば、朝忙しい人も簡単に作ることができます。二次会の景品は、高額なものは本当に一部の人でいいのです。

忘年会での景品

忘年会では皆でゲームなどをして、景品がもらえる事もあります。

景品代の勘定科目は何になるのでしょう。基本的には勘定科目は福利厚生費です。

忘年会費用の一部とみなされるからです。ここでのポイントは、景品が社員全員に当たる可能性があるかどうかです。
社内での個人の成績や地位などに関係なく、ほとんどの社員全員が同じ基準で景品が受け取れるかが大事になってきます。しかし、景品が現金で支給されると変わってきます。

給与として処理されます。商品券、ギフト券なら福利厚生費です。また、社会通念上、金額があまりにも高いものは福利厚生費とみとめられません。

忘年会は部課等の単位で行われることもあるでしょう。部課ごとにバラつきがあって社内行事といえないことがあります。この場合は、会社が負担した費用の勘定科目は給与または交際費等に該当します。

また、さらに言えば、忘年会の一次会のみが福利厚生費となります。勘定科目を間違えずに正しく処理をしましょう。

二次会を景品チェキ

二次会の景品選びで、悩んだことがある方は多いはずです。
その楽しい二次会を思い出に変え、皆に喜ばれるのがチェキです。

チェキと言えば昔のイメージがあるかもしれませんが、現在は軽量化されフィルム代も安くなっておりどこでも持ち歩けるお役立ちアイテムの一つでプレゼントとして人気があります。
景品の値段としても高すぎず、安すぎず安定の景品の値段と言えます。
ランキングありの景品であっても、チェキを一位にしても問題ありません。

また、その一番の魅力は何といってもその場で写真にできることです。二次会の景品はその場で開けて喜び終わるというのが流れですが、チェキでは開けた後に皆で写真を撮って楽しむことができます。

その写真は撮る人により、雰囲気が変わってくるのも魅力的です。写真もそこまで大きくなく、財布や手帳に入れて持ち運べるので、写メと違い大切な気持ちが一段と表現できるので、持ち歩く方も少なくありません。
世界に一枚だけの写真を二次会の場所で作る贅沢、今までにない新しい楽しみ方だと思います。

結婚式の二次会で出す景品

結婚式の二次会では、ビンゴなどのゲームなどの余興を行うことが多いです。

ゲームの場合は、当選者に景品を用意するのが一般的ですが、この景品選びは二次会において重要になってきます。
二次会は、披露宴とは違い、基本的に会費制で行います。

料理やゲームの景品はこの徴収した会費の中からやりくりすることになります。
盛り上げるために豪華な賞品を準備してしまうと赤字になってしまう恐れもありますし、会費を値上げすると参加者に迷惑がかかります。二次会の参加者の性別や年齢層を考慮した賞品選びが重要になってきます。性別に関係なく利用しやすいものが喜ばれます。既婚者が多いパーティーの場合は、日常生活で使える実用的なものが喜ばれやすいです。具体的には、上質なタオルや紅茶やコーヒー、お菓子などの嗜好品などです。独身者が多いパーティーでは、友人や恋人と一緒に使えるレストランの食事券や遊園地などのテーマパークのチケットなどがあります。

結婚式の二次会で選びたい景品について

二次会で景品を用意してゲームを行うことはよくありますが、それがどういったイベントの後に行われるものなかのか、を意識しておくと景品選びがしやすくなるものです。

例えば、結婚式の二次会の場合には、結婚式の幸せな雰囲気が上手く引きつがれるようなアイテムの選択の仕方ができると良いものです。

結婚と言えば、夫婦仲良く生活をしていく、と言うイメージがありますから、生活家電やキッチン雑貨を入れておくと、雰囲気が壊れることがなく、良い感じで二次会を進めて行くことができるものです。

具体的なアイテムとしては、ホームベーカリーやジューサー、テーブルポットなど、結構良い物があるものです。そして、この手のアイテムと言うのは、手頃な値段の物から、高価な物までありますから、予算の都合をつけやすいのも便利なところです。

また、仲良く過ごしていくと言うところから連想して、遊園地のペアパスポートや温泉宿や高級エステのカタログギフトと言うのも向いているでしょう。

結婚式の二次会における景品の選び方!

結婚式の二次会でゲームなどを行ったときの景品選びのポイントは、貰う人の気持ちを考えることが大切です。

個人の好みが分かれるような雑貨よりも普段気になっているけどなかなか自分で買うには高価な物などが喜ばれます。
高額のものではお掃除ロボットや美顔器などがお勧めです。

お手軽な物としては、ブランドのハンドクリームやバス用品などかさばらずもらった人が豪華な気分を味わうことができます。
その他にお勧めなのは、テーマパークのチケットや映画鑑賞券、カフェの飲み物のチケットなど実際チケットもらった人が体験出来る景品も喜ばれるでしょう。

もし新郎新婦の出会いや思い出にゆかりのある場所のチケットがあれば思い出のエピソードと共に渡せば幸せのおすそ分けをすることができます。
男性や家族向けに食べ物もお勧めです。

後で送付されてるように手配すれば、お肉や海鮮などの生物も景品にすることができます。結婚式や二次会の思い出が形にして残ることも大切ですが、体験型のプレゼントは貰った人の思い出も加わりとても心に残るプレゼントになります。